第97回 Biscottiってなーーーんだっ!!!

2014/3/24

ブログ ワンダフルバーガー

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

皆様こんにちは!


先日、「東京の朝の電車の通勤ラッシュがハンパない」と耳にした私M。

私Mは通勤ラッシュに遭遇するような環境には暮らしたことのないただの田舎娘なので、想像もつきません。

もう、人が電車から溢れ返るほどギューギューらしい、と。
乗るのも命がけ。
降りるのも命がけ、だと。

何度も言うようですが、そんな場面に遭遇したことがないので想像もつきません。

私Mの脳裏に浮かんだのは、こんな風景でした。

みんなめっちゃ笑顔!
笑顔がまぶしい!!
なんでこんなにも楽しそうにできるのでしょうかっ。

もう こんな笑顔見せられると、全部がバカバカしくなっちゃいますね。

消費税が上がるとか、今日のおかずは何にしようかしら。あらっ?アレ・・お隣の奥さんだわ・・。カゴには牛肉とメロンなんか入れちゃって!負けてられないわ!こっちは大間のマグロカゴにいれて「どや!!!」てレジで偶然装って会うしかないわね、とか、通勤ラッシュとか全部どうでもいいですね。

さて!!

皆様はティータイムのおやつといえば何でしょうか。

私Mのおやつといえば、「特にないです。」「べつに。」って感じですね!

ええ。お菓子とか甘いモノにはあまり興味のない私M。
そんなヤツが飲食店のブログを書いていてよいのでしょうか。

そんなつまらないオンナ・私Mに、最近すっかりワンダ王よりもこのブログのレギュラー出演者と化してしもた「スタッフのW君ことワダ」がオススメしてくれたのは・・・

BISCOTTI(ビスコッティ)

ワダ:「コレでも食べて少しはスイーツに詳しくなれよ!何年こんなブログ書いてんだよ!!」
と。
言いはしませんが、視線がそう言っている感じでしたね。

そんな事を言われてしまった私M。
いま、涙が溢れてパソコンの画面が見えません・・・。
眠くてアクビしただけですけどね。

ここで、毎度おなじみ!

「ビスコッティ」とは ~Mペディアより~
ビスコッティとは、イタリアの代表的な焼き菓子!
固い食感が特徴。

軽めの朝食が多いイタリアでは、「朝食はコーヒーかカプチーノにビスコッティだけ!」という場合が多いそうです。
なんか朝からマンマミーア!とかゆうてピザ食べて外でワイン飲んでパーティーして早口でまくしたてて、最後にはゴッドファーザーが現れて、パーティーは恐怖の奈落の底へ突き落とされる!!!ーつづくー。というイメージだったのでビックリ!!

それほど、コーヒーとの相性がピッタリ!ということなんでしょうねビスコッティ!!

そうなんです!!
Mペディアの説明にもあったとおり、コーヒーとの相性がバツグン!!

固い食感が特徴なので、コーヒーに浸して食べるのがワダイチオシ!!!!

種類は・・・
・プレーン
・くるみ
・レーズン
がありますっ!

実際に淹れたてラテに浸して食べてみましたっ!!
本当に合う!!


午後のちょっと小腹のすいた時間にピッタリ!!!

珈琲も甘いモノも苦手やねん。いらんねん。てパートナーの場合は、

「はい!グリーンスムージー!!」

「それにきたあかりポテトチップ!!」<br
>で、どや!!

皆様も、是非午後のティータイムをワンダフルでお過ごしください!!

もちろん!これからの気候の良い季節にはテイクアウトして公園で食べるのもアリですよっ!!!

 

では皆様、今日もワンダフルな一日を!


※ブログ内で紹介した内容について予告なく変更する場合がございます。